住う

What’s your Style?

自らのライフスタイルを実現させる住まいが欲しい。
誰もが望んでいながらも、その具体化は簡単ではありません。
株式会社環境計画・ECOLABO. は住まいのスタイルとして、SHONAN・LOHAS・NEUTRAL・ELEGANCE を提案致します。

STYLE LOHAS ロハスプロジェクト

LOHASな住まいプロジェクト
■建物概要
構造規模 :木造一部鉄骨造二階建
建築面積 :47.39平米~14.33T=45.69%<50%(本敷地は角地扱いとする)
法定延床面積 :94.78平米~28.67T
容積対称延床面積 :82.93平米~25.08T=79.97%<80%
施工床面積 :105.70平米~31.97T(バルコニー含む)
軒高 :6.5M
高さ :6.6M


建築面積 :47.39平米~14.33T=45.69%<50%(本敷地は角地扱いとする)
法定延床面積 :94.78平米~28.67T
容積対称延床面積 :82.93平米~25.08T=79.97%<80%
施工床面積 :105.70平米~31.97T(バルコニー含む)
軒高 :6.5M
高さ :6.6M


■断熱仕様
基礎外断熱 :ポリスチレンフォーム@30mm H=600
外壁充填断熱 :GW@100mm 24K
屋根外断熱 :ポリスチレンフォーム@50mm
開口部断熱 :木製高気密サッシュ・復層遮熱硝子


■日照取得
南面開口部は全て庇を設け夏場の日差しを遮る、冬場の日照に対し高窓及び目隠しルーバー面有効な開口面積を床面積の16%程度とする


■附帯設備(オール電化)
散水設備 :雨水利用、駐車場床を二重ピット(雨水層)とし小型ソーラーポンプにより給水、園芸・菜園・洗車及び夏季の打ち水に利用
給湯設備 :エコキュート
調理機器 :IHクッキングヒーター・電気オーブンレンジ・食洗機
換気設備 :全熱交換気システム75m3/h(各階)
冷暖房設備 :ヒートポンプエアコン
床暖房設備 1階: 蓄熱コンクリート埋設ヒーター(深夜電力利用)

2階: 面状ヒーター


■パッシブ空調 1階床仕上げは陶板敷き(耐圧コンクリート面)2階北面内壁仕上げを有孔レンガ積みとし、冬の日差しを十分蓄熱、1階夜間蓄熱及び2階床暖房との併用により快適な暖房環境を創る。夏場はバルコニー及び窓庇が日除けとなり、1階土間床地熱を利用した輻射冷房効果を得る。同時に駐車場及びテラスの打ち水効果によって得られた涼気を温度差を利用し1階から2階に対流、 越屋根に設けた全熱交換型換気又は北側に設けた高窓から排気する。

LOHASな生活<夏の生活>

<家族構成>
夫:38歳 出版社勤務
趣味:車・自転車

妻:35歳 フードコーディネーター
趣味:料理・園芸

息子:7歳

料理好きが高じてフリーのフードコーディネーターとして活躍している妻 。
今年は家族の健康を考え自家菜園に挑戦、朝一番は収穫と共に菜園と庭木に散水します。 採れたてのトマトとバジルをスパゲッティーに、いつものレシピをチョットアレンジしてみるが、これが大好評 自家菜園と家庭料理を連載している雑誌社の新企画で使えそうである。早速後片付けは夫にまかし、キッチン脇の家事コーナーでアレンジしたレシピをPCに入力。
午後は子供と共に洗車、ズブ濡れの子供をテラスから浴室へ、窓を開け放して一緒に水遊び、ついでにテラスに浴槽の残り水を打ち水する。テラスと、ささやかな前庭を囲う木製フェンスが周囲からの視線を遮り、風通しに明けたフェンス足元からアイビーが這い上がる。朝の散水は、道行く人々の一時の涼となっているようである。
   
   
着替えに部屋に入ると、あたかも洞窟の中にいるようなヒヤヤカさを感じる。階段を上がりニ階窓を開け放つと駐車場やテラスの打ち水効果か2階も涼気が抜ける。バルコニーに設けた目隠しルーバーが日照を遮り、滅多にエアコンを付ける必要が無い。 今日一日家で過ごすが、何故か自然とお友達になった気分、最近休日の遠出がメッキリ減った。

LOHASな生活<冬の生活>

朝目を覚ますと、夜間の床暖房で家中ポカポカの温かさ、昨晩は帰宅が遅く風呂にも入らず寝てしまった。朝風呂(エコキュートで定時保温)に缶ビールを持ち込む。朝の日差しが差し込み、窓を開け放つと露天風呂気分である。
今日は天気が良いので昭和記念公園まで自転車ツーリング、おろしたてのロードレーサーを駆りケヤキ並木を突っ走る。帰宅すると、妻と子供はキッチンで友人との食事会の準備中、子供は料理の手伝いが好きなようで何やら二人で楽しそう。妻自慢のキッチンは何故か何時もピカピカ、火を使わないIHヒーターはクリーンで子供にも安心である。
       
日溜りで一休みしていたら、ついついうたた寝、人声で目を覚ます。今日は菜園仲間が月一回恒例の自慢料理を持ち寄り食事会、菜園の自慢話に花が咲く。皆が帰宅すると、夜間の冷え込みを感じ床暖房を付ける、満腹感と共に又もやウタタ寝、妻に起こされ階下の浴室に行くがすでに使用中。妻の悪い癖は入浴中の洗濯、浴室に洗濯物を干して寝ると、翌朝には気持ち良く乾いているとの事。これも夜間蓄熱床暖房のおかげ、我輩も朝風呂を楽しみにベットにもぐり込む。

図面